『為替相場の格言集 株式市場の格言集』では、為替相場、株式相場、金相場、商品相場の真理に迫る非常に洗練された言葉の数々を紹介しています。伝説の相場師たちによる数え切れないほどの投資行動に裏付けられたこれらの格言が現代の為替相場、株式相場、金相場、商品相場の世界に生きる全ての人にとってどれだけ大きな財産であるか知れません。 ひとつひとつの格言の意味を深く理解し、自身の投資行動のルール形成に役立てて頂けたら幸いです。

2006年11月16日

相場の格言【あ】行 【上がった相場は自らの重みで落ちる】

「山高ければ谷深し」に通じる格言。どんな相場も永遠に上げ続けることはなく、いつか下がる時が来るものです。さらに高く上がった相場ほど落ちるのも早かったりするもの。手仕舞うタイミングには注意しましょう。




転ばぬ先の杖

【格言で学ぶ相場の哲学復刻】の内容を見てみる

「見切り千両」の意味を知っていますか?格言を知り、格言を実践する。これが“一番”大事。

【目次】
第1章 相場と人間心理のゆらぎ/第2章 相場陣中訓(相場とは/出動の心準備/仕掛けの決断 ほか)/第3章 風雪に耐えてきた歴史的古金言宗(本間宗久伝より、未来にも通用する項目/牛田権三郎の三猿金泉録の思想/山片蛙桃の堂島帳合米機能絶賛)/シカゴ相場語録(投機の世界に絶対はない/売買プラン/大衆は必ず間違っている ほか)/「いろはかるた」と「川柳」と「相場格言」


posted by taku at 11:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 相場の格言 【あ】行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。